難関資格として有名な公認会計士。弁護士や医師と並び、多くの人が憧れ、受験勉強に励んでいる人も多いようです。試験範囲や科目数の幅が広く、簡単に合格する資格ではありませんが、合格した後は安定した収入と社会的地位を築くことができるオススメの資格です。

今回はそんな公認会計士の仕組みや魅力について紹介していこうと考えています。

左手で電卓を使いながら仕事をする公認会計士

公認会計士とは?

公認会計士は会計や財務のプロフェッショナルとして様々な仕事を行います。代表的な仕事のひとつが会社の会計・財務に関する「監査」です。

会社経営を続ければ毎日のようにお金の出入りが発生します。それに応じて支払わなければいけない給料や税金などが発生します。

それをチェックするのが公認会計士の仕事になります。公認会計士は会社の経理・総務が管理している財務諸表を通じて、会社のお金の流れがきちんと行われているかを確認します。

情報源=横浜市にある公認会計士試験対策の専門学校は東京CPA会計学院! https://cpa-net.jp/

この監査業務は公認会計士しか行うことができません。医師の手術や弁護士が裁判業務のように公認会計士にしか許されない専門業務になります。

公認会計士のもう1つの仕事が会計や財務に関する専門知識を使ったアドバイスです。会社経営者の中には会計や財務に関する知識があまりなく経理の人間に任せきりにしているケースも珍しくありません。

これでは円滑な会社経営を行うのは難しいでしょう。公認会計士は専門知識である会計や財務に関する知識を使い、会社経営者に公認会計士の立場でアドバイスをするのも重要な仕事のひとつになります。

どんな魅力があるのか?

公認会計士が行う監査業務は誰にでも出来る仕事ではありません。資格試験に合格し、公認会計士に登録された人間にしか許されない専門資格になります。

こうした公認会計士の側面のお陰で高い社会的地位と安定性、報酬を得ることが公認会計士は可能になります。会計や財務のスペシャリストとして仕事をする公認会計士は、弁護士や医師と並び誰もが憧れる社会的地位を手に入れることが可能です。

また、会社経営がなくなることがないので安定性の部分では公務員と並び高い部類に属すでしょう。これからも公認会計士の仕事はずっと続いていくことでしょう。

また、監査業務のように公認会計士にしかできない仕事も多く、その対価として高い報酬が約束されています。年数にもよりますが、1000万円を超える年収をもつ公認会計士も珍しくありません。

ノートパソコンと電卓を使って仕事をする公認会計士

難しい資格試験

高い社会的地位や責任を求められる業務などがある公認会計士になるには非常に難しい試験を合格する必要があります。昔行われていた弁護士の司法試験のように何年も公認会計士の勉強を行い、試験合格を目指す必要が出てきます。

公認会計士になるには、金融庁、公認会計士・監査審査会の実施する試験に合格する必要があります。それでも昔に比べ、合格しやすい試験になったので学生や社会人でも目指す人が最近になって増えています。

どういう勉強をすればいいのか?

公認会計士の試験は科目数や範囲が幅広く効率的な勉強をする必要があります。会計や財務のスペシャリストとして活躍する公認会計士ですが、受験生のときは試験に合格するために会計や財務の勉強をするイメージで取り組みましょう。

そうしないと膨大な試験範囲に頭がパニックになることは間違いありません。重要なのは予備校や専門学校などで試験に出やすい部分をきちんと復習することです。

独学でも合格する人はいますが、専門学校で試験対策を行ってもらうのが一番の近道になります。