公認会計士の試験を突破するには、相応の勉強方法が必要です。では具体的にどのような選択肢があるのでしょうか。効率的なパターンを紹介しましょう。

公認会計士試験に向けて勉強をする男性

専門学校に通う

最もオーソドックスな方法は、専門学校へ通うことです。著名なのは大原、TAC、東京CPA会計学院、東京リーガルマインドなどです。

これらには公認会計士を目指す専用のコースがあります。通常のカリキュラムとして2年コースや3年コースなどがあります。また1年目に短答式の合格を目指し、2年目に論文式対策をするパターンもあります。

もちろん自分にとって苦手な科目だけの選択も可能です。能力や日程に応じて選べます。テキストやサポート体制が充実しているので、真面目に勉強していれば、合格するのも難しくありません。

ライバルと励ましあえるのも、メリットです。

通信教育を受ける

昨今増えているのは通信教育です。ネットを使えるので、質問や添削などの対応も速くなっています。そのためかつてはありがちだった、めげてしまうことも減りました。

人気の秘密は、わかりやすいテキストです。独りで読んでいても、理解に苦しむことはありません。社会人や大学生など、時間的な理由から専門学校へ通えない人には適しています。

通信教育だけの会社もありますが、専門学校が通信講座を設けているケースもあります。

ひたすら独学

勉強方法は人それぞれです。ひたすら独学したい人もいるでしょ。自己を律することができるなら、独学こそ、勉強の基本です。

市販のテキストも充実しています。もちろん専門学校で使っているテキストを入手することもできます。模試だけ受ければ、独学でも合格ライン達成が夢ではありません。

チャレンジしてみましょう

専門学校が有利に思いがちです。しかし変な安心感や油断が出てしまいます。勉強は基本的に独りでやるものです。まずは独学でどの程度できるかチャレンジしてみましょう。

そこから広げて考えてみるのもありですね。