難関試験の1つと言われている公認会計士試験。公認会計士になるにはこの試験に合格しなければなりません。しかし、その難易度は少しずつ下がっており、雲の上の存在ではなくなってきました。

今回はそんな公認会計士試験について紹介したいと思います。

文字を書くのは左利きな公認会計士

学生や社会人もチャレンジしやすくなった

昔の公認会計士試験は非常に難しく、弁護士になるための司法試験のように何年も浪人して試験勉強をする人が多くいました。

学生や社会人のように学校や会社に行きながら試験勉強をしては、合格するのが難しいと言われていたからです。しかし、2006年に試験制度が変更し、受験資格の撤廃や科目合格制度が導入され、昔に比べて公認会計士試験が身近なものになりました。

難しい試験に変わりありませんが、学生や社会人も今の生活環境を変えることなく、学校や会社に行きながら試験勉強ができるようになったのです。

どんな試験を行うか?

公認会計士の試験の1つとして短答式試験があります。会計や財務のプロフェッショナルとしての専門知識について、基本的な問題を幅広く出題されます。

基本的な問題が多いですが、その後に続く論文式試験を受験できるかどうか篩い分けを行う意味も含まれています。試験科目も多いのも特徴です。

最終的な論文式試験

公認会計士になる最後の難関が論文式試験です。論文式試験では公認会計士として求められる会計・財務に関する知識が体型的に理解できているか?思考力や応用能力、論述などの公認会計士に必要な能力を論文を通じて求められることになります。

不合格の場合は、一部科目合格制度により一部合格科目が一部免除になります。この試験に受かれば、業務補助や実務補習を通じ、公認会計士に登録されます。